治療薬

MENU

アクセス人気ページランキング

rank1.gif あなたはどの症状? ⇒ 『主な3つの症状』
rank1.gif 効果が高い治療法を知りたい ⇒ 『4つのどもり治療法』
rank1.gif 音読でじっくり解消! ⇒ 『斉読法を学ぶ』

治療薬

吃音 薬

 

どもりを治す、もしくは軽減する薬があればどんなに良いか、
と思い悩む患者さんは少なくありません。
しかし、現代医学をもってしても、
これといった特効薬は存在しないのが現状です。

 

どもりの患者さんに処方される薬も無いわけではありませんが、
これらは日常生活の不安や恐怖を軽減するためのものであり、
いわゆる対症療法とされています。

 

たとえば以下のケースで、これらを改善する治療薬が処方されるわけです。

 

どもることが不安で他人と話せなくなる

極度に緊張することでどもりの程度がより酷くなる

 

 

抗不安薬、抗うつ薬

比較的良く使われる薬は抗不安薬・抗うつ薬で、
本来であればパニック障害やうつ病の治療に使われます。
代表的な薬剤名を挙げれば、

 

吃音 治療薬

  • ルボックス
  • レキソタン
  • セパゾン
  • アモキサン

 

などですね。

 

ルボックス

この中のルボックスは、抗うつ剤としても用いられています。
この薬は脳内物質を調整する働きを持っており、次の効果が期待できます。

 

精神を安定させる

不安感を取り除く

 

ですので緊張や不安が元で吃音症状が現れる患者さんにとっては、
最も有効な治療薬だと言えるでしょう。
副作用として吐き気などが表れることがありますので、
最初はごく少量の投与から始まります。

 

レキソタン、セパゾン

精神安定剤として使われるレキソタンおよびセパゾンは、
鎮静作用があるものの眠気を誘発させる副作用も持ち合わせています。
そのため服用後は車や機械の運転などは避け、
服用する時間帯も選びましょう。

 

アモキサン

アモキサンは自律神経失調症の患者さんにも投与する、
いわば神経系統に直接作用する薬です。
こちらも副作用として血圧の高低や発疹といった症状が出ることもあります。

 

 

このようにどもりには有効な薬が幾種類かありますが、
副作用を持つものが大半
です。
服用に当たっては、医師と十分話し合って慎重に進めていってくださいね。


 

 

昨年度 ベスト・オブ・吃音改善マニュアル

吃音

約20年間吃音で苦しんできた中村しょう氏が自らの経験を元に編み出した驚きの改善法。


「話すことが怖くなくなった」「堂々と面接ができた」など、効果を実感する体験者が続出。メインマニュアル344ページ、WEBビデオセミナー197分、メールサポート、返金保障までついた超人気プログラム

 

 >> 私もスムーズに話せるようになる!