吃音矯正

MENU

アクセス人気ページランキング

rank1.gif あなたはどの症状? ⇒ 『主な3つの症状』
rank1.gif 効果が高い治療法を知りたい ⇒ 『4つのどもり治療法』
rank1.gif 音読でじっくり解消! ⇒ 『斉読法を学ぶ』

吃音矯正

吃音 矯正

 

どもりで悩んでいる人は、
「何とかこの症状を矯正したい、コントロールしたい」、
と考える方が大半でしょう。
吃音矯正において大切なのは、次の2つのポイントです。

 

  • 身体の緊張を解くこと
  • 落ち着くこと

 

まずはここからだと言われています。

 

 

腹式呼吸が有効

またどもりの方は自信を持てないケースが多く、
そのため姿勢も悪くなったり呼吸が浅くなってしまったりしがちです。
そのため、腹式呼吸の実行が有効なのです。

 

吃音矯正

お腹の底から呼吸することで自然と背中が伸び
胸が張れるため呼吸が深く出来るようになります。
このときに「自分はどもりなど気にしていない」、
「恥ずかしくも悪いことでもない」、
などの自己暗示をかけましょう。

 

自宅で一人でいるときなど、時間をかけて、
イメージトレーニングするのも効果的です。

 

 

応用トレーニング

実際にどもらず話せるようになるには、
リラックスして平常心を保ち、イメージしながら発声の訓練を行いましょう。
トレーニングとしては、以下の2つが有効です。

 

ストレッチ

他にストレッチも有効です。
緊張で身体が硬くなっているケースが多いため、
ストレッチで身体をほぐしましょう。

 

もちろんこのときも腹式呼吸を取り入れながら行います。
結果ダイエットにもつながるため、吃音が無くても引き締めに効果があります。

 

朗読

一音発するごとに腹式呼吸を行う朗読法も良いですね。
どもりを気にするあまり途中で息継ぎをせず、
一気に話してしまう傾向があるのですが、
そこをあえてゆっくり朗読することで矯正していこうと言うものです。

 

最初は自分の朗読する声を録音しながら行ってみてください。
またいきなり長文や長い物語を読まず、
子供向けの簡単な絵本からスタートすることをオススメします。

 

吃音矯正にはやはり時間が必要です。
効果が出なかったからと言って、
途中でやめてしまわないよう、根気欲続けてくださいね。


 

 

昨年度 ベスト・オブ・吃音改善マニュアル

吃音

約20年間吃音で苦しんできた中村しょう氏が自らの経験を元に編み出した驚きの改善法。


「話すことが怖くなくなった」「堂々と面接ができた」など、効果を実感する体験者が続出。メインマニュアル344ページ、WEBビデオセミナー197分、メールサポート、返金保障までついた超人気プログラム

 

 >> 私もスムーズに話せるようになる!