改善するために

MENU

アクセス人気ページランキング

rank1.gif あなたはどの症状? ⇒ 『主な3つの症状』
rank1.gif 効果が高い治療法を知りたい ⇒ 『4つのどもり治療法』
rank1.gif 音読でじっくり解消! ⇒ 『斉読法を学ぶ』

改善するために

どもりを改善するためにまず何をすべきか、また具体的にどういった治療が主軸となってくるのかについてまとめてあります。

 

改善するために記事一覧

原因が確定されていないがために、いまだ有効な治療法も見つかっていないどもりの治療法ですが、何をしても上手くいかないということはありません。もちろん人によって合う・合わないがあります。逆にこの人には効果があったものの、こちらには無いことも珍しくありません。どもりの患者さんが数人いれば数通りの治療法があるというわけです。吃音矯正の本やDVD花沢忠一郎先生主に用いられるのが吃音矯正法ですね。代表的なもの...

いざ病院へ行こうと思っても、「どの科にかかればよいか分からない」、もしくは、「今現在かかっている病院でそのまま治療を続けてよいか悩んでいる...」そういった患者さんは少なからず存在します。一口にどもりと言っても症状を誘発している原因は実にさまざまですから、まずは大元の原因を解明した上で治療を始めることになりますね。一般的にどもりの患者さんが通院する科は、以下を受診することになります。耳鼻咽喉科リハ...

言語聴覚士という職業をご存知ですか?簡単に言えば聴覚・言語にハンディを持つ患者さんに対し、言葉のリハビリを行ったり、社会生活を送る上でサポートをする専門職です。リハビリに限らず、たとえばこんなサポートを行っています。言語に関する検査医師の指示に従い人口内耳の調整を行う嚥下訓練を行う病院や学校に併設されていることばの教室での指導脳の病気および高齢による難聴のお年寄りに対する指導つまり単純に聞く・話す...

どもりで悩んでいる人は、「何とかこの症状を矯正したい、コントロールしたい」、と考える方が大半でしょう。吃音矯正において大切なのは、次の2つのポイントです。身体の緊張を解くこと落ち着くことまずはここからだと言われています。腹式呼吸が有効またどもりの方は自信を持てないケースが多く、そのため姿勢も悪くなったり呼吸が浅くなってしまったりしがちです。そのため、腹式呼吸の実行が有効なのです。お腹の底から呼吸す...

どもりを治す、もしくは軽減する薬があればどんなに良いか、と思い悩む患者さんは少なくありません。しかし、現代医学をもってしても、これといった特効薬は存在しないのが現状です。どもりの患者さんに処方される薬も無いわけではありませんが、これらは日常生活の不安や恐怖を軽減するためのものであり、いわゆる対症療法とされています。たとえば以下のケースで、これらを改善する治療薬が処方されるわけです。どもることが不安...

昨年度 ベスト・オブ・吃音改善マニュアル

吃音

約20年間吃音で苦しんできた中村しょう氏が自らの経験を元に編み出した驚きの改善法。


「話すことが怖くなくなった」「堂々と面接ができた」など、効果を実感する体験者が続出。メインマニュアル344ページ、WEBビデオセミナー197分、メールサポート、返金保障までついた超人気プログラム

 

 >> 私もスムーズに話せるようになる!