対処

MENU

アクセス人気ページランキング

rank1.gif あなたはどの症状? ⇒ 『主な3つの症状』
rank1.gif 効果が高い治療法を知りたい ⇒ 『4つのどもり治療法』
rank1.gif 音読でじっくり解消! ⇒ 『斉読法を学ぶ』

対処

吃音 対処 家族

 

発語が始まったばかりの幼児から、
何らかの原因でどもり症状が出始めた小学生まで、
個々に応じた対処をしてあげる必要があります。

 

 

対処法

 

幼児

話しはじめの幼児がどもるのは、
話したい気持ちが先行しすぎて起こるケースが多いため、
周囲は優しく先を促してあげることが対処のひとつです。

 

例えば「ジュースが飲みたい」のが「じ、じ、じゅ...」となるのであれば、
「ジュースが飲みたいの?」と聞いてあげるなどですね。

 

ただし先回りしすぎると、その後の言語発達に、
悪影響を及ぼす可能性もありますので、注意が必要です。

 

幼稚園児・小学生

ある程度発語がしっかりしてきた園児や小学生だと、
また対処の仕方が変わってきます。
気をつけなければならないのは、
本人にどもりを意識させすぎないことです。
どもり症状は好きで発症しているわけではありませんから、
決して責めてはいけません。

 

確かに聞き手側としては何が言いたいのか分かりづらいため、
イライラさせられることもあるでしょう。
ですがそこはグッと抑えてくださいね。

 

 

学校によるサポート

対処

学校によってはスクールカウンセラーが常駐してますから、
まずはそちらに相談してみることをオススメします。
それに併せて、言語療法
場合によっては心理士によるカウンセリングを受けましょう。

 

こちらも学校によりますが、話し方教室や、
言葉の教室を備えているところもあります。
子どもが望むのであればそちらでの指導を視野に入れても良いですね。

 

周囲の子どもたちへのフォローも必要です。
どもることをからかわないよう、
またどもることは悪いことでも恥ずかしいことでもないことを、
指導していく必要があります。


 

 

昨年度 ベスト・オブ・吃音改善マニュアル

吃音

約20年間吃音で苦しんできた中村しょう氏が自らの経験を元に編み出した驚きの改善法。


「話すことが怖くなくなった」「堂々と面接ができた」など、効果を実感する体験者が続出。メインマニュアル344ページ、WEBビデオセミナー197分、メールサポート、返金保障までついた超人気プログラム

 

 >> 私もスムーズに話せるようになる!