幼児のどもり

MENU

アクセス人気ページランキング

rank1.gif あなたはどの症状? ⇒ 『主な3つの症状』
rank1.gif 効果が高い治療法を知りたい ⇒ 『4つのどもり治療法』
rank1.gif 音読でじっくり解消! ⇒ 『斉読法を学ぶ』

幼児のどもり

幼児 どもり

 

言葉を覚えたばかりの小さな子どもが、
焦るあまりついどもってしまうということは良くありますね。
例えば「ジュース飲みたい」という単純なフレーズひとつとっても、
「じ、じじ、じゅ、じゅーすのみたい!」となるのを一度は聞いたことがあるでしょう。

 

このように2〜3歳くらいの幼児がどもるのを一次性吃音と言い、
全体の約10%から30%に現れると言われています。
割合で見ると意外と多いですよね。

 

幼児のどもりは特に発語が早かったお子さんに多く見られるのが特徴で、
無口なお子さんだとあまり気にならないかも知れませんね。
この一次性吃音は多くの場合、成長と共に次第に目立たなくなっていきます

 

 

注意点

幼児 どもり

ですが、焦るあまりにどもっていることをことさら指摘したり、
「もう一度落ち着いて話してごらん」などと、
言い直させるのはかえって逆効果です。
どもっていても何を言っているのか分からなくても、
まずは最後まで聞いてあげましょう。

 

その上で正しい話し方や言葉使いで返してあげることで、
幼児は次第に正しい言語を習得していきます。

 

また、時にはどもらずに言いたいことを言える場合もあるでしょう。
その場合も、「どもらず言えたね」とか、
「上手にしゃべれたね」などは言わずにいてあげてください。

いつものしゃべり方は悪かったのだろうか、と子どもながらに混乱してしまうためです。

 

保護者としては普通に話せないことに対し苛立ちを覚えるかも知れませんが、
成長と共に無くなることを踏まえたうえで、大らかに接してあげてくださいね。


 

 

昨年度 ベスト・オブ・吃音改善マニュアル

吃音

約20年間吃音で苦しんできた中村しょう氏が自らの経験を元に編み出した驚きの改善法。


「話すことが怖くなくなった」「堂々と面接ができた」など、効果を実感する体験者が続出。メインマニュアル344ページ、WEBビデオセミナー197分、メールサポート、返金保障までついた超人気プログラム

 

 >> 私もスムーズに話せるようになる!

 

 

幼児のどもり関連ページ

小学生のどもり
トレーニング
対処