子どものどもり

MENU

アクセス人気ページランキング

rank1.gif あなたはどの症状? ⇒ 『主な3つの症状』
rank1.gif 効果が高い治療法を知りたい ⇒ 『4つのどもり治療法』
rank1.gif 音読でじっくり解消! ⇒ 『斉読法を学ぶ』

子どものどもり

言葉を話し始めた幼児期から学童期までの子どもの気になるどもりと、その対処法からトレーニング法についてまとめています。

 

子どものどもり記事一覧

言葉を覚えたばかりの小さな子どもが、焦るあまりついどもってしまうということは良くありますね。例えば「ジュース飲みたい」という単純なフレーズひとつとっても、「じ、じじ、じゅ、じゅーすのみたい!」となるのを一度は聞いたことがあるでしょう。このように2〜3歳くらいの幼児がどもるのを一次性吃音と言い、全体の約10%から30%に現れると言われています。割合で見ると意外と多いですよね。幼児のどもりは特に発語が...

言葉を発し始めたばかりの幼児に比べ、小学生になってから発症したどもりは、一般的に改善するのが難しいと言われています。幼児期の話しはじめの頃は話したい気持ちや伝えたいことに口がついていかず、結果どもりにつながるパターンが大半です。しかし小学生の場合は、就学前まで普通に話せていたお子さんが、何かきっかけがあって吃音症状が現れるケースが多いためです。さらに小学生は自分がどもりであることを自覚できますし、...

どもりを克服するためのトレーニングと言っても、さほど難しいことをするわけではありません。実際には以下の取り入れやすいものを足掛けに取り組む、と言うコンセプトで行われています。発声練習呼吸法朗読トレーニングのポイント心理面のトレーニングどもりのトレーニングは、どもりが原因で起こる以下の症状を取り除き、克服していくところに重点が置かれています。恐怖感不安感緊張いわば心理面からのトレーニング法ということ...

発語が始まったばかりの幼児から、何らかの原因でどもり症状が出始めた小学生まで、個々に応じた対処をしてあげる必要があります。対処法幼児話しはじめの幼児がどもるのは、話したい気持ちが先行しすぎて起こるケースが多いため、周囲は優しく先を促してあげることが対処のひとつです。例えば「ジュースが飲みたい」のが「じ、じ、じゅ...」となるのであれば、「ジュースが飲みたいの?」と聞いてあげるなどですね。ただし先回...

昨年度 ベスト・オブ・吃音改善マニュアル

吃音

約20年間吃音で苦しんできた中村しょう氏が自らの経験を元に編み出した驚きの改善法。


「話すことが怖くなくなった」「堂々と面接ができた」など、効果を実感する体験者が続出。メインマニュアル344ページ、WEBビデオセミナー197分、メールサポート、返金保障までついた超人気プログラム

 

 >> 私もスムーズに話せるようになる!