障害者手帳

MENU

アクセス人気ページランキング

rank1.gif あなたはどの症状? ⇒ 『主な3つの症状』
rank1.gif 効果が高い治療法を知りたい ⇒ 『4つのどもり治療法』
rank1.gif 音読でじっくり解消! ⇒ 『斉読法を学ぶ』

障害者手帳

吃音 障害者手帳

 

身体もしくは精神にハンディを持つ患者さんに交付される障害者手帳ですが、
その等級や交付内容など細かいところまで把握できている人は、
当事者、もしくはそのご家族の方および関係者くらいではないでしょうか。

 

事実筆者も障害者手帳の実物を眼にしたことはありませんし、
周囲にも交付を受けている人は知る限り存在しません。

 

現行の身体障害者福祉法において、
その等級は4級まで分類されています。

 

4級 言語機能が著しく障害を負っている状態
3級 言語機能を損失している状態

 

 

手帳交付の流れ

以前はどもりを理由に障害者手帳の交付を受けることは出来ませんでした。
現在ではどもりが言語障害であると認められたため、
症状が固定化および長期化している場合、
然るべき医療機関を受診し必要な手続きを踏むことで交付してもらえます。

 

診断書をもらう

手帳を受ける手順として、まずは最寄の市役所へ赴き、
言語・音声障害要の診断書をもらって来ます。
このとき併せて、15条指定医の名前や、
場所も聞いておきましょう。

 

医師に診断書へ記入してもらう

ちなみに15条指定医とは、
正式名称を「身体障害者福祉法第15条指定医師」と言い、
身体障害者手帳申請にかかる診断書を書くことができる医師のことです。
ですのでどもり以外の傷病を理由に手帳の交付を受ける場合でも、
この医療機関へ赴くことになります。

 

都道府県知事(政令市市長、中核市市長)により、
医師の所属する医療機関の所在地から決定されます。
どもりが身障法別表に該当するという医師に記入してもらいましょう。

 

市役所で申請する

吃音 障害者手帳

以下の3点を持参して、再度市役所へ行き、申請を行います。

 

  • 診断書
  • 顔写真
  • 印鑑

 

初めは手帳を持つことに抵抗を感じる方もいると思います。
ですが吃音症の患者さんを社会的に守ってくれる制度なので、存分に活用してください。


 

 

昨年度 ベスト・オブ・吃音改善マニュアル

吃音

約20年間吃音で苦しんできた中村しょう氏が自らの経験を元に編み出した驚きの改善法。


「話すことが怖くなくなった」「堂々と面接ができた」など、効果を実感する体験者が続出。メインマニュアル344ページ、WEBビデオセミナー197分、メールサポート、返金保障までついた超人気プログラム

 

 >> 私もスムーズに話せるようになる!