脳の異変

MENU

アクセス人気ページランキング

rank1.gif あなたはどの症状? ⇒ 『主な3つの症状』
rank1.gif 効果が高い治療法を知りたい ⇒ 『4つのどもり治療法』
rank1.gif 音読でじっくり解消! ⇒ 『斉読法を学ぶ』

脳の異変

脳 吃音

 

通常どもりは幼児期、もしくは学童期に発症し、
成人してから発症するケースはあまりありません。
それも先天的な脳の異常ではなく、以下の原因で引き起こされます。

 

会話を統合する神経系統の乱れ

言語を取得する環境

心理的要因

 

 

脳を損傷する病気

他に事故やうつ病などが原因でどもりはじめることはありますが、
脳の異変が原因で吃音症状が現れることもあるのです。
このとき現れるどもりは正確には、
構音障害として認められるパターンが多いようです。

 

脳が損傷して起こるどもりで怖いのが、次の2つです。

 

  • 脳挫傷
  • 脳卒中

 

脳 障害

脳挫傷は事故や落下など外的要因で起こるので、
日常生活に注意を払っていれば避けられますが、
脳卒中ですとそうはいきません。

 

本人も知らないうちに徐々に悪化していくこともありますし、
時として命の危険に関わることさえもあるのです。

 

次の自覚症状を感じるのであれば、早急に脳神経外科を受診すべきです。

 

自分でどもりに気付く

または舌がもつれて話しにくい

 

本人が気付いていなくても、家族や周りの人がおかしいと感じたら、
受診を勧めてあげてくださいね。

 

 

けいれん性発声障害

もうひとつ脳の異変で起きるどもりに、
けいれん性発声障害というものがあります。
体を動かす指令を出すのは脳ですが、
声帯が脳の命令に従わずに起こる吃音症状です。
本人の意思とは関係なく声帯が極度に緊張して勝手に閉じてしまい、声が詰まるのです。

 

診断が難しく、精神的異常を疑われることもあるこの病気は、
根本的な治療がいまだ見つかっていないため、
対症療法で経過を見ていくしかないのが現状です。


 

 

昨年度 ベスト・オブ・吃音改善マニュアル

吃音

約20年間吃音で苦しんできた中村しょう氏が自らの経験を元に編み出した驚きの改善法。


「話すことが怖くなくなった」「堂々と面接ができた」など、効果を実感する体験者が続出。メインマニュアル344ページ、WEBビデオセミナー197分、メールサポート、返金保障までついた超人気プログラム

 

 >> 私もスムーズに話せるようになる!