言語障害

MENU

アクセス人気ページランキング

rank1.gif あなたはどの症状? ⇒ 『主な3つの症状』
rank1.gif 効果が高い治療法を知りたい ⇒ 『4つのどもり治療法』
rank1.gif 音読でじっくり解消! ⇒ 『斉読法を学ぶ』

言語障害

言語障害

 

言語障害は言語が関わる障害全てを総称した呼び方で、
社会一般に通ずる話し方と異なっているため、
他者とのコミュニケーションが取れないという弊害があります。

 

また自分自身でどもりであることを許容できずに、
2次障害を引き起こすケースも存在します。
話す内容よりも話し方そのものに注目されてしまうことも多々あります。

 

そのため単なるコミュニケーションの障害のみならず、
以下の広い範囲で悪影響を及ぼすのです。

 

  • 思考
  • 心理的な問題
  • 人間関係
  • 社会生活

 

 

2種類の言語障害

現在では音声機能と言語機能の障害のふたつに大別されています。

 

音声機能障害

音声機能障害とは、次の3つの機能に関する障害です。

 

  • 声色
  • 発音
  • 話し方

 

舌足らずなしゃべり方である
構音障害もここに含まれます。

 

言語機能障害

対して言語機能障害とは、次の要因よる言語発達遅延が挙げられます。

 

  • 失語症
  • 高次脳機能障害
  • 発達障害

 

この障害では、主に以下の症状が現れてきます。

 

言葉の遅れや順序だてて話せない

てにをはの使い方がおかしい

年齢相応の話し方が出来ない

 

 

対処法

言語障害

これらの問題に共通して言える事は、
決してどもりのしゃべり方を指摘しない点です。
特につかえたりどもったりする子どもに対し、
「もっとゆっくり話しなさい」、
などといった言葉掛けはかえって逆効果です。
逆にどもりを意識しすぎてかえって悪化させてしまいます。

 

どもっても舌足らずであっても良いので、
話す内容を最後まできちんと聞いてあげることが何よりも大切です。
その上で正しい言葉使いで応えるようにしましょう。

 

そうすることで話す側は自分の言いたいことが相手に伝わったと自信が付きますし、
そこからコミュニケーションを積極的にとろうと言う気持ちにもなりますね。


 

 

昨年度 ベスト・オブ・吃音改善マニュアル

吃音

約20年間吃音で苦しんできた中村しょう氏が自らの経験を元に編み出した驚きの改善法。


「話すことが怖くなくなった」「堂々と面接ができた」など、効果を実感する体験者が続出。メインマニュアル344ページ、WEBビデオセミナー197分、メールサポート、返金保障までついた超人気プログラム

 

 >> 私もスムーズに話せるようになる!