難発性吃音

MENU

アクセス人気ページランキング

rank1.gif あなたはどの症状? ⇒ 『主な3つの症状』
rank1.gif 効果が高い治療法を知りたい ⇒ 『4つのどもり治療法』
rank1.gif 音読でじっくり解消! ⇒ 『斉読法を学ぶ』

難発性吃音

難発性吃音

 

どもりにはさまざまなタイプがありますが、その中のひとつである、
難発性吃音という症状はご存知ですか?

 

最初の音を繰り返す連発性吃音と違って、症状が分かりにくいため、
周囲にはどもりであることを理解してもらえないことが多いのです。

 

症状

難発性吃音

例えば、朝は「おはようございます」と挨拶しますよね。
通常であれば口からスッと出てくるこの言葉ですが、
このタイプのどもりがある場合「...おはようございます」など、
最初の第一声が出るまでに間が開のが特徴です。

 

中にはカ行やタ行など、「この音は言いにくい」、
と決めてしまっている患者さんもおり、
次第にこの音は増加していく傾向にあります。
さらに第一声の最初に発音しにくい音がくる場合、
言葉に詰まってしまって何も言えなくなってしまう患者さんもいます。

 

加えて、幼少期に連発型のどもりであった患者さんが成長するにしたがって、
難発性吃音へ移行していくことも良く知られています。
これは、連発型のどもりを気にして隠そうとしたが故の、
条件反射であり無意識に現れる症状なのです。

 

またこのタイプの患者さんの場合、以下の症状が同時に現れるのも特徴です。

 

身振りや身もだえをするといった随伴運動

口元の痙攣が起こる

 

対処法

「話すことでどもるのではないか」、
「つっかえるのではないか」という不安感が元で、
ますます最初の一声が出にくくなる患者さんが多いです。

 

まずは落ち着いて呼吸を整えること
そしてなるべくゆっくり話すことを意識してみてくださいね。


 

 

昨年度 ベスト・オブ・吃音改善マニュアル

吃音

約20年間吃音で苦しんできた中村しょう氏が自らの経験を元に編み出した驚きの改善法。


「話すことが怖くなくなった」「堂々と面接ができた」など、効果を実感する体験者が続出。メインマニュアル344ページ、WEBビデオセミナー197分、メールサポート、返金保障までついた超人気プログラム

 

 >> 私もスムーズに話せるようになる!

 

 

難発性吃音関連ページ

パーキンソン病
言語障害
脳の異変