パーキンソン病

MENU

アクセス人気ページランキング

rank1.gif あなたはどの症状? ⇒ 『主な3つの症状』
rank1.gif 効果が高い治療法を知りたい ⇒ 『4つのどもり治療法』
rank1.gif 音読でじっくり解消! ⇒ 『斉読法を学ぶ』

パーキンソン病

吃音 パーキンソン病

 

パーキンソン病という病気をご存知ですか?
人間の体を動かすために脳があらゆる指令・命令を出していることは、
良く知られているとおりですね。
パーキンソン病とは、脳からの指令が体に上手く伝わらずに、
思うように体を動かせなくなる神経系統の疾患です。

 

好発年齢は60代からとやや高齢に偏っていますが、
若い患者さんの発症報告もなされており、
日本では特定疾患のひとつとして認定されています。

 

症状

主な症状としては、以下の運動面で認められます。

 

手足が震える

体や筋肉がこわばる

動作がゆっくりになる

 

パーキンソン病

中には抑うつ状態に陥ったり、
認知症を発症する引き金ともなるため、
経過観察が何よりも大切なのです。

 

相対数は多くはありませんが、
どもり症状を訴えるパーキンソン病の患者さんもいます。
しゃべることは口の筋肉を動かして行うわけですから、
そこのコントロールが出来ないため、
しゃべりにくくなると言うわけです。

 

他に声が小さくなったり、抑揚の無い声で単調な話し方をしたり、
もともとどもりをもつ患者さんの場合さらに悪化することもあります。

 

 

治療法

パーキンソン病がきっかけでどもりになった場合は、
薬物療法が効果的です。
もともとこの病気は脳内のドーパミンが不足しておこるため、
経口投与で補うことで上手くいけば劇的に回復するケースも存在します。

 

ただし治療の際に用いられる薬は副作用として吐き気を伴うことが多く、
最初は少量から服用し始めます。
ここで症状が治まったからと言って飲むのを止めてはいけません
専門家の指示に従い、きちんと服用しましょう。

 

パーキンソン病は難病ではありますが、長い目で見ていく必要があります。
あまり悩まず、上手く付き合っていければよいですね。


 

 

昨年度 ベスト・オブ・吃音改善マニュアル

吃音

約20年間吃音で苦しんできた中村しょう氏が自らの経験を元に編み出した驚きの改善法。


「話すことが怖くなくなった」「堂々と面接ができた」など、効果を実感する体験者が続出。メインマニュアル344ページ、WEBビデオセミナー197分、メールサポート、返金保障までついた超人気プログラム

 

 >> 私もスムーズに話せるようになる!

 

 

パーキンソン病関連ページ

難発性吃音
言語障害
脳の異変