どもり治療

MENU

アクセス人気ページランキング

rank1.gif あなたはどの症状? ⇒ 『主な3つの症状』
rank1.gif 効果が高い治療法を知りたい ⇒ 『4つのどもり治療法』
rank1.gif 音読でじっくり解消! ⇒ 『斉読法を学ぶ』

どもり治療最前線!

吃音

言語障害のひとつであるどもりに悩む患者さんは
決して少なくありません。

 

国や人種を問わず発生するこの症状は、
全人口の約1%に相当する人が
罹患しているとされています。
男女比で見ると、ほぼ3〜10:1となっており、
男性患者のほうが多くなっています。

 

 

事故や病気など後天的な原因により発症する場合を除き、
ほとんどは幼児期に始まります。
幼い間は自分の吃音を自覚することもありませんし、
成長と共に消失
していくパターンが大半なため、
さほど気に病むことはありません。

 

ですが周囲や大人が指摘し続けた結果、
本人が吃音患者であると自覚することによって、
皮肉にも慢性吃音へと移行していくこともあるのです。

 

現代医学において、残念ながらどもり治療法が「これである」と、
確立されている
わけではありません。
薬物療法や患者さん同士の交流、カウンセリング、呼吸のやり方など、
それぞれの患者さんにあった方法で上手く付き合っていかなくてはならないのです。

 

 

どもりはコントロールできる!

わたしの実父も吃音患者ですが、本人はあまり気にした様子もなく、
普通に社会生活を送っています。
ここにいたるまでに葛藤はあったかと思われますが、
現在はこういうものと受け入れています。
周囲にいたってもさほど気に留めていないでしょう。

 

そういった意味では、どもりは治すと言うよりも、
コントロールしていく
と言った解釈になりますよね。

 

当サイトでは解明されている限りのどもり治療についてまとめています。
他にどもりを誘発する原因となる病気や言語聴覚士についても言及していますので、
いま現在悩んでいる人の力になれればと思い、立ち上げました。
1人で思い悩まずに、上手くコントロールしていきましょう。


 

昨年度 ベスト・オブ・吃音改善マニュアル

吃音

約20年間吃音で苦しんできた中村しょう氏が自らの経験を元に編み出した驚きの改善法。


「話すことが怖くなくなった」「堂々と面接ができた」など、効果を実感する体験者が続出。メインマニュアル344ページ、WEBビデオセミナー197分、メールサポート、返金保障までついた超人気プログラム

 

 >> 私もスムーズに話せるようになる!